2024年5月25日土曜日


 足元に一輪の花

庭の片隅でそっと咲く

アカゲラのけたたましいドラミング

誰に告げるにかな愛を

さくら散るとナラの林の枝ふわっと薄緑

さつきのてっぺんにノビタキ止まり

しきりに尾を振る

にぎやかな春

2024年4月25日木曜日


 咲いた咲いたサクラが咲いた にはまだほど遠い中標津

今日は朝から冷たい雨が降り続き、開き始めた福寿草も寒そうです

雪が解けて、小鳥たちも姿を見せなくなりひっそりしています

でも、差し込む陽の光はやわらかく、やはり春はすぐそこでしょう


2024年3月25日月曜日


 お彼岸が過ぎ、桜前線も北上しています。

我が家の庭では、まだ冬毛をまとったエゾリスが庭を駆け回り春を謳歌しています。

生き物たちはこれから繁殖、子育てと精一杯頑張る日々が待っているのでしょう。

これがいつもの日常。私も平常心で楽しくいきまーす!

2024年2月25日日曜日


 

2月24日 午後5時の満月です。スマホ使用なので分かりにくいと思いますが、悪しからず。

新しい年を迎えたと同時に、能登半島の地震。毎日被災状況をテレビで見ているうちに、

2か月が過ぎようとしています。

そんな折、「ケイシンさんに会いたくなって」と訪ねてくれた人がいます。

自分も写真を撮るようになり、お酒でも飲みながら一緒に写真の話をしたかったと。

経験、歳も関係なく、同じ話題で花が咲くことは、想像してみると楽しくなってきます。

夫が亡くなって5年が経ってもこのような若者がいてくださる。とても嬉しいことです。

2024年1月25日木曜日


 

年明け早々に起きた能登半島地震。

一瞬にして日常を奪われ、最悪命までも亡くされた多くの方々に

心よりお見舞いとお悔やみを申し上げます。

ここ近年、大きな地震をはじめ、豪雨、山火事等々自然の猛威を思い知らされ、

その素晴らしさと同時に計り知れない驚異を実感します。

野に生きる生きものたちは、そんな環境の変貌をどんなふうに対応しているのでしょうか。

そして、人や生きものが安心できる世界はいつくるのでしょうか、、、。

そんなことを思う令和6年の1月でした。


今年もどうぞよろしくお願いします。

2023年12月25日月曜日


 猛暑厳しき令和5年も残りわずか、季節は巡りゆき新しい年を迎えようとしています。

暑かった夏の44日間、旭川市博物館で、故久保敬親写真展「命の輝きを追い続けて」が

開催され、キタキツネを中心に、大型プリントを含め54点が展示されました。

さまざまな思いを抱き、初日から数日在廊しましたが、多くの方々に接することができ、

50年の夫の写真人生をあらためて思う日々でした。

12月に入って初雪が降り、いよいよ本格的な冬の到来です。

空を見あげれば、澄み渡る青空。

時季外れではありますが、久々の写真展を夫が喜んでいるような気がしました。


2023年11月25日土曜日


あと数日で11月も終わり、いよいよ最後の月師走です。

季節が分からなくなるほど、異常気象の一年でしたが、

スマホに残っていた写真を見れば懐かしくなる今日の日です。

色づいた枯れ葉がハラハラと舞い落ち、雪に埋もれるのを待っています。

今年はどんな冬になるのでしょうか。

雪の上にどんな足跡がつくでしょうか、今から見つけるのが楽しみです。

 

 足元に一輪の花 庭の片隅でそっと咲く アカゲラのけたたましいドラミング 誰に告げるにかな愛を さくら散るとナラの林の枝ふわっと薄緑 さつきのてっぺんにノビタキ止まり しきりに尾を振る にぎやかな春