2023年12月25日月曜日


 猛暑厳しき令和5年も残りわずか、季節は巡りゆき新しい年を迎えようとしています。

暑かった夏の44日間、旭川市博物館で、故久保敬親写真展「命の輝きを追い続けて」が

開催され、キタキツネを中心に、大型プリントを含め54点が展示されました。

さまざまな思いを抱き、初日から数日在廊しましたが、多くの方々に接することができ、

50年の夫の写真人生をあらためて思う日々でした。

12月に入って初雪が降り、いよいよ本格的な冬の到来です。

空を見あげれば、澄み渡る青空。

時季外れではありますが、久々の写真展を夫が喜んでいるような気がしました。


0 件のコメント:

コメントを投稿

 足元に一輪の花 庭の片隅でそっと咲く アカゲラのけたたましいドラミング 誰に告げるにかな愛を さくら散るとナラの林の枝ふわっと薄緑 さつきのてっぺんにノビタキ止まり しきりに尾を振る にぎやかな春